和歌山県の葬儀社グランドセレモニー|火葬式・一日葬・家族葬・密葬から社葬まで追加費用のかからない優良葬儀社。

お気に入りに登録

優雅で華やかな葬儀を低価格でご提供

無料通話 携帯・PHSでも通話可能 24時間365日スタッフ待機中0120-30-5500

深夜・早朝でも、お気軽にお電話ください。葬祭ディレクターがすぐに対応します。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

不安な追加費用一切なし。プランの料金がお葬式に必要な全ての費用です。導師へのお布施は別途ご用意いただきます。

和歌山県の一部葬儀場のご紹介

和歌山市斎場

和歌山県和歌山市南出島100-1

JR線、和歌山電鐵「和歌山駅」からタクシー10分

橋本市高野口斎場

和歌山県橋本市高野口町名倉1380

JR和歌山線「高野口駅」からタクシー5分

五色台聖苑

和歌山県海草郡紀美野町国木原577-4

JR紀勢本線「海南駅」からタクシー30分

由良斎場

和歌山県日高郡由良町江の駒250-1

JR紀勢本線「紀伊由良駅」からタクシー2分

日高町斎場

和歌山県日高郡日高町大字比井1439-1

JR紀勢本線「紀伊内原駅」からタクシー6分

白浜町斎場

和歌山県西牟婁郡白浜町保呂667-4

JR紀勢本線「白浜駅」からタクシー10分

市区町村から葬儀場を探す

お客様の声

和歌山県和歌山市 S様のお葬式

葬儀場
和歌山市斎場
葬儀プラン
家族葬45万
会葬人数
10人
葬儀費用
498,000円

葬儀社担当のアドバイスで思い出に残る葬儀になりました。

私達家族は墓地は公営霊園にあり、普段からお寺との付き合いも全くありませんでした。父が末期ガンで入院し葬儀のことを考え始めたときには漠然と宗教者を呼ばずに家族葬で送ろうと考えていました。しかし、じっさいに父が亡くなると家族葬にも色々な選択肢があることを知り困り果てました。そんな中、葬儀社のスタッフから父に趣味はなかったかと尋ねられました。父の趣味といえば生まれ育ってきた和歌山県の自然を描いた油絵でした。部屋中にぎっしりと並べられ、正直扱いに困っていたものもありました。葬儀社のかたはこの絵を式場に飾り、みんなに見てもらってはどうかと提案してくれたのです。葬儀当日、式場は父の描いた絵で囲まれ圧巻でした。どの風景にも父との思い出が込められており、温かい気持ちになりました。

和歌山県紀の川市 U様のお葬式

葬儀場
五色台聖苑
葬儀プラン
家族葬36万
会葬人数
20人
葬儀費用
390,000円

この金額で家族葬が出来た事に今でもおどろいています。

父は生前から、『自分が亡くなったことで家族に迷惑はかけたくない。家族だけで火葬してくれればいい』とよく言っていました。私達家族にはそこまで金銭的な余裕もなかったので、父の言う通り火葬だけで済ませようと考えていました。そんな中火葬のみに対応してくれる葬儀社を探しているところでグランドセレモニーを見つけました。今まで見た葬儀社の中で金額が一番低く、本当にこの金額で火葬ができるのか問い合わせをしました。話していく中で父の言う通り火葬だけで済ませなければと考えていましたが、家族葬の話題が出てきたので詳しく話聞きました。葬儀社のかたの話では、私達の予想をはるかに下回る金額での葬儀が可能とのことで父の意思には反しますが家族葬で依頼をしました。和歌山県内の格安葬儀社です。

和歌山県田辺市 B様のお葬式

葬儀場
田辺市斎場
葬儀プラン
火葬式13.5万
会葬人数
6人
葬儀費用
135,000円

こちらの要望に120%の形で答えてくれました。

和歌山県に住む兄が自宅で亡くなったと警察か連絡が入りました。しかし、家族や近しい親戚全員東北に住んでいること、また高齢のためすぐに動くことができませんでした。兄には申し訳なかったのですが、家族で話し合い、和歌山県で家族が立会わずに火葬のみ済ませてくれる葬儀社がいないか調べえました。多くの葬儀社断られましたが、グランドセレモニーは親身に話を聞いてくれ、『警察署から許可が出れば対応します』と受け入れてくれました。このとき家族がどれだけ安心したかはわかりません。その後、警察への連絡も葬儀社の担当のかたからしてもらい、本当に収骨まで家族の立会いなし済ませることができました。さらにはこちらの日程に合わせて遺骨を預かっていただき、何から何まで助かりました。ありがとう。

和歌山県での葬儀の傾向や風習

和歌山県では友引以外にも火葬を避ける日柄がある

一般的には六曜のなかで友引は火葬場がお休みになるので火葬が出来ませんし、避けるご家族・葬儀社が多いです。

和歌山県ではその他に『三隣亡(さんりんぼう)』日にもお葬式を避ける地域が多くあります。

『三件となりまでほろぼす』という字面から縁起が悪いとされていますが、もともと葬儀にに関して関係のない御日柄なので、どうしても日程に都合がつかない方は葬儀社と相談のうえ家族葬等を行っています。

女性が歌う還骨勤行

和歌山県の一部では、葬儀が終わり、遺骨を後飾りの祭壇に安置したら、遺骨を家へ迎え入れるための「還骨勤行(かんこつごんぎょう)」を営みます。

このとき家族や「講(こう)」などの地域組織に属している年配の女性が集まり、歌を詠うことがあります。

その歌の内容とは、仏教の教えを五・七・五・七・七の言葉で和歌にしてある、優しく穏やかな日本風のメロディに載せた歌で、これを「御詠歌」と言います。

御詠歌には様々な宗派があり、同じ宗派の中でも流派が分かれています。

和歌山県でみられる伝統出来な葬儀に関する風習です。

このページの先頭へ