京都府の葬儀社グランドセレモニー|火葬式、一日葬、家族葬、密葬など、高品質なお葬式を明瞭価格で執り行います。

お気に入りに登録

優雅で華やかな葬儀を低価格でご提供

無料通話 携帯・PHSでも通話可能 24時間365日スタッフ待機中0120-30-5500

深夜・早朝でも、お気軽にお電話ください。葬祭ディレクターがすぐに対応します。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

不安な追加費用一切なし。プランの料金がお葬式に必要な全ての費用です。導師へのお布施は別途ご用意いただきます。

京都府の一部葬儀場のご紹介

京都市中央斎場

京都府京都市山科区上花山旭山町19-3

京阪電鉄京阪本線「五条駅」からタクシー10分

フランネル京都

京都府京都市右京区西京極北庄境町77

阪急京都線「西京極駅」から徒歩10分

亀岡市営火葬場

京都府亀岡市下矢田町五反田34-1

JR山陰本線「亀岡駅」からタクシー10分

宇治市斎場

京都府宇治市宇治金井戸7-37

京阪宇治線「宇治駅」からタクシー10分

綾部市斎場

京都府綾部市田野町田野山1-15

JR山陰本線「綾部駅」からタクシー5分

福知山市斎場

京都府福知山市長田野町2丁目1-2

JR山陰本線「石原駅」からタクシー5分

市区町村から葬儀場を探す

お客様の声

京都府京都市 K様のお葬式

葬儀場
京都市内御自宅
葬儀プラン
家族葬45万
会葬人数
10人
葬儀費用
499,000円

アフターサポートも万全の頼れる葬儀社でした。

事前に見積をお願いしており、自宅での家族葬の打ち合わせにも対応を頂いていたので葬儀社グランドセレモニーにしようと決めていました。父が亡くなった際にはフリーダイヤルに連絡をするのみで焦ることなく対応ができました。

葬儀については自宅での家族葬でしたが、事前の打ち合わせもあり全てがスムーズに進み、葬儀の準備対応に追われることもなく家族でしっかりと父を送ることができました。また、なによりも助かったのが葬儀後の役所や相続関係の手続きまでサポートしてくれたことです。家族こういった事務手続きに詳しい者がいなかったので本当に助かりました。さらには、仏壇の購入サポートまでしていただき、何の不安もなく全てを終えることができました。数ある京都府の葬儀社でグランドセレモニーはお勧めです。

京都府宇治市 W様のお葬式

葬儀場
宇治市斎場
葬儀プラン
家族葬36万
会葬人数
30人
葬儀費用
381,600円

最初から最後まで全て安心して任せることが出来ました。

両親ともにまだ元気だったので、葬儀は私達家族にとって無関係なものだと思っていました。

そんな中父が急に亡くなり私はパニックになりました。葬儀について何の知識もなく、菩提寺がどちらなのかも知らなかったからです。すがる思いで連絡した葬儀社がグランドセレモニーでした。正直に言うと京都府には葬儀社がたくさんあり、何か理由があって葬儀社を選んだわけではありませんでした。しかし、最初に問い合わせた電話でこの葬儀社に頼んでよかったと思いました。こちらが不安な気持ちでいること察し、家族葬の流れを丁寧に説明してくれました。何よりも助かったのは、菩提寺に父が亡くくなった旨を伝えると、その後に必要な日程の調節等を全ておまかせできた点です。家族では『いい葬儀社だった』と今でも話しています。

京都府京都市 A様のお葬式

葬儀場
京都市中央斎場
葬儀プラン
火葬式13.5万
会葬人数
8人
葬儀費用
140,000円

何事にも親身になって話を聴いてくれる思いやりの葬儀社。

夫が亡くなったのは京都府の自宅でした。もともとは病院で治療をしていましたが、もう長くはもたないということで、夫の『家に帰りたい』という希望を実行しました。家族に囲まれ夫は眠るようにいきました。困ったのはそのあとです。家族全員が夫の看取りのことのみ考えており、葬儀については準備をしていなかったのです。急遽インターネットで見つけた葬儀社がグランドセレモニーでした。家族以外に親戚や友人もあまおらず、あまり金額もかけられないことを葬儀社の担当の方にお話しすると、自宅でのお別れ会を提案していただきました。火葬当日、夫が趣味で撮影したたくさんの写真を用意し、家族で思い出を話しながらゆっくりと夫を送ることができました。盛大ではありませんが家族全員がとても満足しています。

京都府での葬儀の傾向や風習

友引でも火葬が可能

友引と言えば火葬の際に『友を引く(故人が友をつれていく)』ということで火葬場がお休みになります。

しかし、京都府内の火葬場は友引でも火葬が可能です。

友引はその響きから縁起が悪いお日柄とされていますが、もともとはそういった意味はありません。

そこで京都府の火葬場では友引でも休まずに火葬を受け付けているので火葬のみはもちろんですが、葬儀告別式の家族葬を行い火葬とういう流れも可能です。

ただ、友引については御家族・葬儀社ともに『演技が良くない』と考える方が多いので、棺の中に『友人形(見た目・材質はさまざま)』を納め、引かれる友の代わりとしています。

他の地域よりも葬儀の日程が組みやすくなっているので、葬儀社に御相談下さい。

その他の京都府独特な風習

京都府では両親よりも先に子どもが亡くなった場合、家族のなかで両親は火葬場へは同行しないという風習があります。

これは、『子どもが亡くなり悲しみにくれる両親が、火葬に立ち合い悲しい思いをしなくて済むように』という思いやりの気持ちが込められているようです。

そのほかにも、祭壇脇に用意する供花は菊やカーネーションではなく、『樒(しきみ)』を出します。

樒には強いにおいがあり、埋葬した故人の臭いを誤魔化すために墓前にも手向けられたそうです。

また、強い毒性があるので、野生動物や虫に荒らされない様にという意味を込めて、魔よけのとして使われていたそうです。

このページの先頭へ