栃木県の葬儀社グランドセレモニー|お葬式・一日葬・家族葬・火葬式から社葬まで追加費用なしで葬儀をするなら。

お気に入りに登録

栃木県の葬儀社 グランドセレモニー

優雅で華やかな葬儀を低価格でご提供

無料通話 携帯・PHSでも通話可能 24時間365日スタッフ待機中0120-30-5500

深夜・早朝でも、お気軽にお電話ください。葬祭ディレクターがすぐに対応します。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

不安な追加費用一切なし。プランの料金がお葬式に必要な全ての費用です。導師へのお布施は別途ご用意いただきます。

栃木県の一部葬儀場のご紹介

宇都宮市悠久の丘

栃木県宇都宮市上欠町719-1

JR東北本線「宇都宮駅」からタクシー25分

小山広域保健衛生組合小山聖苑

栃木県小山市外城17-1

JR東北本線「小山駅」からタクシー15分

足利市斎場

栃木県足利市新山町12-3

JR両毛線「足利駅」からタクシー10分

日光聖苑(日光市斎場)

栃木県日光市瀬尾1749-2

JR日光線「今市駅」および東武鉄道「下今市駅」からタクシー10分

鹿沼市斎場

栃木県鹿沼市富岡100-1

JR日光線「鹿沼駅」からタクシー20分

那須聖苑(黒磯那須共同火葬場)

栃木県那須郡那須町高久甲1254-1

JR東北本線「高久駅」からタクシー5分

市区町村から葬儀場を探す

お客様の声

栃木県宇都宮市 K様のお葬式

葬儀場
宇都宮市悠久の丘
葬儀プラン
家族葬45万
会葬人数
70人
葬儀費用
892,800円

深夜でもすぐに迎えに来ていただき、助かりました。

父が夜間急に亡くなり、葬儀社を手配しなくてはなりませんでした。

深夜にも関わらず、すぐに病院に来ていただき親身に対応していただきました。母が亡くなった時に栃木県の他社葬儀社に高額でいい加減な葬儀をされたため今回は料金形態が明確なグランドセレモニーを選びました。正直料金の面からいい加減な葬儀をされてしますのではと不安なことがあり、葬儀の日までに電話を何度も連絡してしまいましたが、一度も嫌な顔せず親身になってお話を聞いていただけました。

そのため、葬儀当日は何の不安もなく全て葬儀社さんにお任せしてしまいました。葬儀も私が心配していたいい加減な葬儀とは違い母の葬儀の時より金額は安く質の高い私の希望の式ができました。

栃木県小山市 W様のお葬式

葬儀場
小山聖苑
葬儀プラン
家族葬36万
会葬人数
25人
葬儀費用
360,000円

インターネットで栃木県の沢山の葬儀社の中から決めました。

急に父が亡くなり母も私も葬儀の知識が全くなくないまま葬儀を行わなくてはなりませんでした。インターネットで栃木県の複数の葬儀社に連絡させていただき電話対応がずさんで葬儀の内容・価格の説明がない葬儀社が多い中しっかり説明いただきました。病院に迎えに来てくれた際にも再度価格の確認をしていただきこの葬儀社さんでよかったと思いました。生前父より『身内だけの家族葬で構わないから来てくれた方にはうまいものを食わせてやってくれ』と言われていました。

そのことをお伝えすると、料理はもちろん、私の考えていた予算の中で綺麗な祭壇立派なお棺をご用意していただき父を送り出せました。

母から『私の時ももグランドさんにお願いするのよ』と言われています。

栃木県栃木市 U様のお葬式

葬儀場
栃木市斎場
葬儀プラン
火葬式13.5万
会葬人数
6人
葬儀費用
135,000円

料金表示が分かりやすく、お願いしやすかったです。

母が入院していた栃木県の病院が遠方であり亡くなってすぐ駆けつけられませんでした。そんな中、病院からすぐに母を連れ出すよう連絡がありました。知合いから病院紹介の葬儀社は高額な金額を請求されると聞いていたためホームページに金額が明確に記載されているグランドセレモニーを見つけお願いしました。私が病院に行けない事をお話すると、病院と直接相談してくれ母を自宅に連れてきてくれました。

葬儀の内容についても急に値段が上がることや強要してくることはなくなぜ必要になってくるのか素人の私にもわかるよう丁寧にご説明いただけました。正直この金額でしっかりできるのだろうかと心配でしたがしっかり母とお別れをすることができとても満足しています。

栃木県での葬儀のしきたり・風習

地域によってみられる様々葬儀のしきたり

栃木県には組内と呼ばれる葬儀を助け合う組織があります。

式場で葬儀を行うことが増えた現代では、大部分を葬儀社に任せることが一般的となり、組内の方々には受付や会計などの御手伝いを行っていただいております。

また都市部では省略されることが多くなっていますが、組内と親族が、一緒に一つの長い数珠を手に持ち念仏を唱えながら数珠を順に横に回していくという、百万遍の儀式を行う風習が、宇都宮市をはじめとする栃木県内で多く見られております。

百万遍とは、皆で念仏を唱えることで、そのありがたさが何倍にもなると考えられていて、仮に20人で千回、南無阿弥陀仏と唱えれることで、2万回お経を唱えたと同じということになり、故人が極楽浄土に行けるようにはなむけとして行われております。

組内の方々には、お礼として通夜振る舞いや精進落としの席で酒や食事を振る舞うことが多いです。

都心部では行われなく葬儀外の栃木県ならではの風習

ご葬儀へ参列した人が帰宅した際、玄関でお清めの塩をかける風習は、全国で広く見られる光景ですが、日光市などの一部地域では、この時お清めの塩と一緒に鰹節をかける風習が見られます。塩と一緒にかける場合もあれば、口に含む場合もあり、地域によって作法はさまざまであります。

清めという考え方は仏教にはなく、神道から来る考え方で、神道のお葬式の祭壇には神饌といって食物をお供えしますが、その中にこの鰹節も含まれることから、神道の影響とその土地の風習が混ざり合ったしきたりなのかもしれません。

また栃木県には、故人の着物や衣服を家の裏に北向きで干し、水をかけて常に濡れた状態にしておく七日ざらしの風習があります。

なぜこのようなことをするのか理由は明らかではありませんが、おそらく死の穢れを清めるという神道の考えからきている風習なのではないかと思われます。

また那須町などで納骨をした喪家は、初七日まで毎朝墓おこしと呼ばれる墓参りを行います。

このページの先頭へ